JALやANAの国内線は、他社のマイルでも乗れる

 

 

f:id:adventu:20191115181151j:plain

 こんなことは

マイラー界では常識も常識ではありますが

マイルの世界へ足を踏み入れたばかりの人

あるいは、それ以外の人にとっては

「えっそうなの?」ということかもしれないので説明します

 

#陸マイル #マイル #特典航空券

 

航空連合 

 

現在、航空業界は、3つのグループに編成されてます

  

お互いの顧客に対して、サービスを融通し合っている

例)マイル付与、コードシェア便、ラウンジや優先搭乗などのプライオリティなどなど

 

 

 

ですから

JALのマイルを他社の特典航空券にして

同じワンワールド

キャセイで香港へ行く

BA(ブリティッシュエア)でロンドンへ行く

 

ANAのマイルであれば

ルフトハンザでドイツへ行く

なんてことが可能になります

 

その逆にBAのマイルを使ってJALの国内線

UA(ユナイテッド)のマイルでANA国内線

こちらも可能となります

 

さらに

 

色々とメリットがあるのが面白いところ

 

例えば

・少ないマイル数で利用できる場合がある

・直前でも空きがあれば、特典で予約できる

・変更やキャンセルの融通がきく

・自分自身や家族でない人間の分も発券できる

・経由地を入れて何か所か飛んでも同じマイル数

※各社の規定による

 

 

マイル特典例

 

 

ANAマイル

片道

東京-大阪 5000~7500

東京-札幌 6000~9000

東京-沖縄 7000~10500

東京-石垣 8500~11500

※シーズンにより変動

 

UAマイル

片道

路線例
必要マイル
東京/羽田 - 大阪(251マイル) strike through 10,000 5,000
東京/羽田 - 札幌(509マイル) strike through 10,000 5,000
東京/羽田 - 沖縄(966マイル) strike through 10,000 8,000
東京/羽田 - 石垣島(1,205マイル) strike through 10,000 8,000

 

 これは、そのうち改悪されてしまうと思いますが

現状だと、例えば羽田(HND)→北九州(KKJ)-福岡(FUK)→羽田(HND

北九州空港から博多までは陸路でバス等での移動となるが

UAマイルの場合、片道扱いとなり

わずか5000マイルで、ほぼ往復的に発券できてしまう

 

一方、UAマイルでUA便国際線を利用する場合

11月15日~変動制となったため

時期や埋まり具合によっては割高になる可能性があります

 

 

ですから、ケースバイケース

場合によっては

JALカードANAカードをメインクレカにしないで

UAクレカをメインカードにして

UAマイルを貯めて

お得にANAを利用するなんていうのも

おすすめになってきます

 

 MileagePlusセゾンカード

 

興味のある方はモッピーで 

MileagePlus セゾンカード

検索してみてください

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

 

 

MileagePlusセゾンカード

年会費 1,500円(税抜)
マイル 1,000円につき5マイル(追加年会費5,000円・税抜のマイルアップメンバーズ利用時、1,000円につき10マイル加算)
交換できる航空券の特典チャートはこちら
※このカードは永久不滅ポイント対象外となります。

 

 

MileagePlusセゾンゴールドカード
本会員年会費 20,000円(税抜)
家族会員年会費 5,000円(税抜)
マイル 1,000円につき15マイル
※年間(毎年3月4日~翌年2月4日お引き落とし分)75,000マイルを越えた場合、超えた分のご利用は1,000円につき5マイルとなります。
交換できる航空券の特典チャートはこちら
※このカードは永久不滅ポイント対象外となります。

 

 

 

 

 

ユナイテッド航空、直前発券手数料廃止 日本国内線の必要マイル数一部改定
2019年11月16日 11:54 am 

 

ユナイテッド航空ボーイング787-9型機)

ユナイテッド航空は、マイレージプログラム「マイレージプラス」の特典交換条件を、11月15日より変更した。

従来規定していた、特典航空券の交換に必要なマイル数を一律に設定せず、需要などの様々な要因によってフライトごとに必要マイル数を設定する。これにより、交換に必要なマイル数はこれまでより低くなる場合も、高くなる場合もある。アワードカレンダーでは、月ごとに特定の行き先への必要マイル数を一覧で表示させることができる。また、出発日の21日前以降の航空券で徴収していた、最大75米ドルの直前発券手数料は廃止される。

需要に応じた特典航空券の交換に必要なマイル数の変動制は、アメリカではデルタ航空がすでに導入している。日本でも、日本航空JAL)が予測残席に応じて変動する「JAL国際線特典航空券PLUS」を、従来の特典航空券とは別に設定している。

全日本空輸ANA)の日本国内線の航空券には、距離に応じて片道5,000マイルもしくは8,000マイルで交換できる。今回の変更により、搭乗日から1ヶ月を切った予約では、必要マイル数がそれぞれ3,500マイル増えた。

ユナイテッド航空は8月に、マイルの有効期限を撤廃している。従来は最終利用日から18ヶ月間利用がない場合、マイルが失効していた。

 

https://www.traicy.com/2019116-UAaward

 

 


TACワンダバ

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン