【JAL】国際線航空券国内区間のマイル積算率・FOP変更 

 

f:id:adventu:20200117102551j:plain



ANAに続きJALも変更へ

 

 

これまで

国際線の場合、国内区間を往復1万円でプラスすることが可能で

マイル積算率が100%というお得な制度であったのですが

この度、メスが入ることになりました

 

これは、すでにANAでは2018年10月より実施されていたわけで

JALも後追いした形となります

 

2021年2月1日より

 

2021年2月1日以降の国際線航空券に含まれる国内区間の搭乗時に
JALマイレージバンクのマイルの積算率や

フライオンポイント(FOP)の算出方法を変更

 

2021年2月1日以降の搭乗では
フライトマイル対象運賃の国際線航空券に含まれる

日本国内区間の積算率は
予約クラス
「Y」は100%
「H・M・E」は75%
「O」は50%
「G」は30%

2021年1月31日までの搭乗では
対象運賃すべてで、「ファーストクラス」は150%
クラスJは110%
普通席は100%の積算率となる


上級会員の判定に用いられるFLY ONプログラムのFLY ONポイントは
フライトマイルにFLY ONポイント換算率(国内線は2倍)をかけ合わせたものに
搭乗ボーナスFLY ONポイントを加えて算出される

2021年2月1日以降の国際線航空券の日本国内区間の搭乗では
日本国内区間の予約クラスが「Y・H・M」の場合のみ
搭乗ボーナスFLY ONポイントの400ポイントが加算される

予約クラス「E・O・G」は
搭乗ボーナスFLY ON ポイントの加算の対象外となる

 

※2021年1月31日までは

フライトマイル対象運賃であれば

国際線航空券に含まれる日本国内区間の搭乗で搭乗ボーナスFLY ON ポイントが加算される

 

 

 

つまり

・現在

 国内区間については
 国際線の予約クラスに関わらず
 100%のマイル積算率

 

 「搭乗ボーナス FLY ON ポイント」も400ポイント固定

 

・2021年2月~
 国内区間のマイル積算率・搭乗ボーナスFOPも
 (国際線)予約クラスに応じた率に変更

 

f:id:adventu:20200117095104j:plain

マイル積算率は

予約クラスに応じて100%~30%
国内区間
国際線に連動した予約クラスが割り当てられる

 

 

FOPとは

www.jal.co.jp

 

f:id:adventu:20200117095643j:plain

 

上記のように計算される

 

FOPは、ステイタス(上級会員)獲得するために

サファイヤ(JGC)で50000FOP

プレミアで80000FOP

ダイヤで100000FOP

必要となるものです

 

マイルを貯める手法は星の数ほどありますが

FOPはJALの飛行機に乗らないと貯めることはできません

 

 

 

f:id:adventu:20200117095434j:plain

要は安いチケットでは

「搭乗ボーナスFOP」が付かなくなるということ

 

 

考え方によっては改悪というよりも

今までが有難かったと思えなくもない変更であります

 

いずれにしても海外旅行に行く際

国内の移動が往復1万円で付けられるというだけでも

御の字ではないでしょうか

 

航空業界の流れ

世界の航空業界の流れとしては

特に米系が顕著でありますが

マイル・ステイタスを付与するにあたっては

距離や回数を重視するのではなく

その人がどれだけの金額を支払ったかという

金額重視へと移行しつつあります

 

 

 

今後、JALANAもその傾向を強めてくる可能性は

否定できません

 

www.travelvoice.jp

 

 

 


Arashi 嵐 JAL 30s 170211

 

 

つなぐ(通常盤)

つなぐ(通常盤)

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン