【JALカード35周年】挑戦を続ける旅のパートナー

 

 

メインカードとサブカード

 

現在のメインカードは、度々ご紹介している

SPGアメックス

これは、何があろうと私の中では

不動のクレジットカードであると思っております

 

www.adve.work

 

そして現在、私のNO,2のポジションにつけている

サブカードが

JAL JGC JCBプラチナカードであります

www.jal.co.jp

 

 このカードでJAL航空券決済すると100円でなんと4マイル!

f:id:adventu:20200124120005j:plain

 

旅行保険もバッチリ最高1億円で自動付帯

飛行機遅延保険もついていて

プライオリティパスも付いてくるという

非常に満足度の高いカードとなっております

 

JGCなし

f:id:adventu:20200124120024g:plain

 

 

 JGCあり

f:id:adventu:20200201113012j:plain

 

 

JALカード35周年】挑戦を続ける旅のパートナー

 

JALカードの会員誌「アゴラ(AGORA)」を読んでいたら

タイトルにあります

JALカード35周年 挑戦を続ける旅のパートナー」という記事が目についたので

抜粋して

取り上げます

 

※記事から引用

 

初代JALカード

f:id:adventu:20200121104545j:plain

 

 

 

 

 

創世記

 

日本でクレジットカードが登場したのが半世紀以上前の1960年代

高度経済成長とともに広がっていったクレジットカード決済

 

1980年代半ばには、飛躍的に発行枚数が伸びていた頃

JALカードが誕生した

 

1982年に北海道地区でテスト展開されて

その後全国展開

 

この時すでに

JALカードには国内・海外の旅行保険が付帯されていて

クレジットカードとしては、日本で初だった

 

当時はその都度、保険に加入する必要があり

手間と費用の負担が大きかったが

JALカードはその課題に正面から向き合い

旅行ごとの手続きが不要で、旅行回数に関係なく

付帯される保険を実現した

 

1984年に株式会社JALカード設立した後も

JALカード=「空の旅のパートナー」ということを

強く印象付けた

 

当時はプラザ合意(1985年)によって円高が進み

海外旅行が身近な存在になっていた時代であり

航空券の購入、空港、ホテル、旅行会社などで利用でき

旅行保険などの機能で

航空系カードとしての独自性で注目を集めていった

 

昭和から平成

 

JALカードは国内・海外の加盟店ネットワークの拡充に取り組む

 

1990年 株式会社ジェーシービーと提携

JALJCBカードを発行

 

 

初代JALJCBカード

f:id:adventu:20200121104621j:plain

 

 

1992年 株式会社ディーシーカード(現・UFJニコス株式会社)と提携

JALVISAカードJAL・masterカードを発行

 

1998年 株式会社ダイナースクラブ(現・三井住友トラストクラブ株式会社)と提携

JALダイナースカードを発行

 

国際ブランドと提携することで利用シーンが拡大

「いつでも、どこでも使えるカード」へと成長していった

 

また一方で、1990年代には

カードの機能も充実していった

 

1994年 JALショッピングマイルプラン(現・JALカード ショッピングマイル)がスタート

 

1997年 JALカード特約店制度導入

 

2003年 会員数が100万人突破

 

2005年 東日本旅客鉄道株式会社と提携

JALカードsuicaを発行

 

翌年以降も東京急行電鉄株式会社(現・東急株式会社)、小田急電鉄株式会社と提携

 

2007年 JALカード家族プログラム開始

 

2012年 JALアメリカン・エキスプレスカード発行

 

JALカード設立30周年の節目となる

2014年 会員数300万人突破

 

2019年9月末時点で365万人を超える

 

近年の取り組み

近年力を入れているのが会員限定イベント

 

JALカード航空教室」

「大使館訪問イベント」

「マネープランセミナー」

「20代限定JAL CLUB EST応援セミナー」

JALカードと行った思い出の旅コンテスト」

 

まとめ

日本初の旅行保険付帯のクレジットカードとして生まれ、時代とともに進化してきたJALカード

昭和から平成、そして令和へ

空の旅のパートナーとしての挑戦は

これからも続いていく

 

 

JALカードの歩み

1982年 10月 JALカード北海道地区テスト展開

1983年 3月 JALカードサービスセンター設置

     4月 JALカード全国展開

1984年 10月 株式会社JALカード設立

1990年 3月 JALJCBカード発行開始

1992年 11月 JAL・visa(master)カード発行開始

1994年 3月 JALショッピングマイルプラン導入開始

1997年 1月 JALカード特約店制度開始

1998年 12月 JALダイナースカード発行開始

2001年 3月 オンライン入会申し込み受付サービス開始

2003年 2月 JALカード会員数100万人突破

2005年 1月 JALカードsuica発行開始

2007年 3月 JALカード家族プログラム開始

2010年 10月 スイッチカード方式からダブルカード方式へ

2014年 10月 JALカード会員数300万人突破

2019年 10月 株式会社JALカード設立35周年

 

会員数推移

2006年 176万人

2008年 225万人

2010年 249万人

2012年 276万人

2014年 303万人

2016年 327万人

2018年 357万人

2019年9月末時点 365万人

 

所感

 

このキレイな右肩上がりの会員数増が

JALカードが本当に魅力的であるという証左であります

 

私の中でもSPGアメックスは例外として

JALカードは大変お世話になっていて

これからも使い続けたいカードであります

 

以前、ANA派だった私は

当然、クレジットカードもANAカード一択でしたが

使い比べてみて

特約店の多さ、WAONチャージ、キャンペーンなどの魅力などなど

 

カード更新時に

JALに乗らないと更新時マイルが付かないJAL

ANAに乗らなくても更新時マイルが付くANA

この点はANAカードが優れていると思います


www.ana.co.jp

 

 

あとは券面に

JALカードの場合は「ワンワールドエメラルド(サファイヤ)」のロゴは印刷されてないんですが

ANASFCカードの場合

スターアライアンスゴールド」のロゴが右上に鎮座します

 

 

それ以外は、JALカードの方が

個人的には魅力を感じております

 

特にプラチナカードは、ANAは高すぎですね

JAL JGCプラチナカード
         本会員  家族会員
JCB・AMEX  34,100円  27,500円


ANA SFCプラチナカード
        本会員   家族会員
ダイナース  170,500円  無料
AMEX     165,000円  無料(4枚まで)
VISA      88,000円  4,400円
JCB      77,000円  4,400円

 

JALカードに歴史あり!

 

 JALカードを発行する場合

直接公式ページからではなく

必ずポイントサイトを経由して作成しましょう!

 

モッピーポイントは

通常JALマイルに2P→1マイルで移行可能です

 

f:id:adventu:20200201113602p:plain

 

モッピーなら、JALカードの案件たくさんございます ↓↓こちらから

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

 

 

 

 

日経トレンディ 2019年 3 月号

日経トレンディ 2019年 3 月号

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2019/02/04
  • メディア: 雑誌
 

 

 

 

 

 

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン