【麒麟がくる】第十回「ひとりぼっちの若君」

 

 

 

f:id:adventu:20200119192544j:plain

 

 前半は架空メンバーストーリー

 

今で言うスラックラインの上でバランスを取り、バック宙を決める駒

 

f:id:adventu:20200323080916j:plain

身軽な身のこなしができることをから

いずれ、服部半蔵岡村隆史)と夫婦となって

クノイチとして活躍するのかな?

 

駒を救ってくれたお侍さんが桔梗の紋=明智とわかり

涙する駒でありました

 

これ、こんなに尺を取るほど重要な前振りなんでしょうか?

もしかしたら、何か後々つながってくるかもしれないので

ちょっと寝かしておきましょう

 

後半は信長&光秀&家康

 

信長から銃の産地を当てろと、いきなり面接かのような展開にも

ズバリ国友産だと正解を叩き出し

信長に使える男(仕事できる)を印象づける光秀でした

 

同時に

母親に愛されず育った、信長の心の闇を感じ取った

初対面でした

 

そして信長と家康の将棋のシーン

なぜか囲碁ではなく将棋でしたが

緊張感のある場面でした

信長もさることながら、家康の利発さが強調されていました

 

結果として、今川方に差し出されることになってしまう家康ですが

自ら望んだという設定でした

これは天下人の器ですわ、という感じ

 

服部半蔵(岡村隆)も、しっかり天井裏で諜報活動していましたね

 

 

鍵は家康

 

 なんとなくですが、ここまでのストーリーを観察していると

まだ幼少期である家康の扱いがちょっと鍵を握るような位置づけです

 

もちろん、後に天下を治める徳川家康ですから特別なのはわかるのですが

家康が天下を取ることで天下泰平の世が築かれるということから

つまりは「麒麟」=「家康」ではないかという気がしてきました

 

そして本能寺の変は、家康に天下を取らせるために光秀が動いたというような

ストーリーになるのではないでしょうか!

 

これからの展開(私の勝手な予想)

 

家康=麒麟

 

光秀=天海(本能寺の後、秀吉に殺されず、天海として家康に仕える)

 

岡村隆=服部半蔵

 

家康は健康オタクで

自分で薬草を煎じてしまうのも有名な話ですから

どこかで東庵(まちゃあき)や駒との接点が今後出てきてもおかしくないかなと

 

そうすると、主要な登場人物がすべて家康を中心に活かされてくるので

これから信長の配下として仕えて

秀吉とのライバル関係、出世レースが始まってくるワケですが、その実、家康との関係性に注意して観ておくとよろしいのではないかと存じます

 

 

 

 

あらすじ

 

京を訪れていた旅芸人の一座の元で、駒(門脇 麦)は戦災孤児だった自分を拾い、育ててくれた女座長・伊呂波太夫尾野真千子)と再会する。その年の末、今川義元片岡愛之助)が尾張の国境に侵攻してくる。信秀(高橋克典)の元に人質として置かれていた三河松平家の嫡男・竹千代(のちの家康)の引き渡し要求に、道三(本木雅弘)は広い三河を今川に押さえられることに危機感を覚える。光秀(長谷川博己)は帰蝶川口春奈)を通して動向を探るべく那古野城へ遣わされたところ、信長(染谷将太)と出会う。

 

 

 

 

今日の一曲


3年A組( サウンドトラック) 「オープニングテーマ」

 

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン