【ANA】航空会社の舞台裏

 

 

 

こちらの記事は2020年5月12日

テレビ東京の「モーニングサテライト」の特集からピックアップさせていただきました

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

新型コロナショックの大打撃が直撃している航空業界

 

 

緊急事態宣言を受け、人々が内に内に籠るなか

現役のCAさんがモザイクで登場

 

 

 

フライトの歩合給部分が減少してしまったと悲痛な叫び

f:id:adventu:20200512163426j:plain

 

 

月にして5~6万円の収入源ということになる

f:id:adventu:20200512163422j:plain

 

ナイナイ岡村氏に言わせれば

このように窮地に陥った世の女性が

風俗に出稼ぎに来ることになるのが楽しみで楽しみで仕方がないということだろうか

大炎上したその発言については、ここでは取り上げません

 

 

 

羽田空港のフライトボードには欠航が並ぶ

f:id:adventu:20200512163412j:plain

実にゴールデンウィーク前年比でANAは国際線98%ダウン

国内線93%ダウンという大幅な落ち込みとなってしまいました

 

 

航空業界全体では年間2兆円もの減収となる見込みです

これは痛い、痛すぎる

 

f:id:adventu:20200512163416j:plain

 

旅客便がダメなら物資を運ぼう!

ということで、マスクなどの調達品を必死に運ぶことで

無理やりですが、仕事を作り出します

f:id:adventu:20200512163453j:plain

 

しかし、それでもANAの穴を埋めることはできません

 

 

航空業界には固定費といえる機材のメンテナンス費用があります

f:id:adventu:20200512163510j:plain

飛んでいようが、飛んでいなかろうが

メンテナンスを怠ることはできないのでした

 

f:id:adventu:20200512163506j:plain

車でも単車でも同じだと思いますが、乗っていなくても

時にはエンジンをかけて、あちこち動かしてあげないと

調子が悪くなったり、故障の原因になってしまいます

 

 

 

実に機材のメンテナンスの人件費、整備費で

月に1000億円も発生してしまうというのですから

現状のようにほとんどフライトできない状況がいかに辛いのかがわかります

f:id:adventu:20200512163502j:plain

 

 

そしてグラホでも、カウンターはコンビニやスーパーのように

ビニールシートが施され、感染防止策が徹底されています

f:id:adventu:20200512163447j:plain

 

マスクの上にはフェイスシールド

f:id:adventu:20200512163443j:plain

このシールドはANAの手作りです

 

 

 

シールドにしてもビニールシートにしても

半年前までは、こんな光景、想像もできなかったんですけどね

 

 

フェイスシールド作成の発案者の佐伯さん

f:id:adventu:20200512163441j:plain

 

今、自分達に出来ることは何なのか?を突き詰めて

思い至ったのがフェイスシールドの作成だったそうです

 

 

 

ANAでは、先行き不透明なこのタイミングだからこそ

現場からの声を大切に吸い上げ

日々、改善に努めているというお手本のような受け答えがあり

 

f:id:adventu:20200512163437j:plain

手指消毒を徹底するだけではなく、使い捨てゴム手袋の着用をマニュアル化して

感染防止に努めるべきだという御意見でした

 

 

それに対して、ANAはすぐに即断即決で改善をはかり

スーツケースの運搬などは、しっかりと手袋着用に切り変りました

f:id:adventu:20200512163430j:plain

 

 

 

この特集からも、涙ぐましい苦労を重ねて

なんとかコロナを乗り越えて行きたいという熱い思いが伝わってきました

 

今回は、ANAでしたが、きっとJALも同様にいばらの道を歩んでいることではないかと推察されます

 

是非とも両社には頑張っていただき、日本の翼を守り抜いてほしいなと切に願います

 

 

 

 

 

 

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン