【JANA】JALとANAが統合される日

 

 

 

長引く影響

 

武漢ウイルス、新型コロナに翻弄されてはや半年

 

まだまだ終息は見えてきません

 

各業界で経済的にも大打撃となっておりますが中でも観光業と航空業界は8割9割減当たり前のまさにお通夜状態となっております

 

航空業界では4月に豪航空2位の豪・ヴァージンが、5月にはタイ国際航空が経営破綻となってしまい、ドイツの優等生であったルフトハンザですら国有化されるのではないかという噂もあります

 

そんな中、こちらの記事ではJALANAが統合される可能性について言及されてます

 

news.yahoo.co.jp

 

news.yahoo.co.jp

 

 

 

1億人に1社の原則

 

そもそも、航空会社の数というのはどれぐらいが妥当なのか?

 

昨年まではあまりこんなことを考えることはなかったのですが

コロナ禍にあっては、当然このような素朴な疑問がでてきてもおかしくありません

 

航空業界には1億人に1社という原則的な考え方があり

アメリカではその考え方をもとにアメリカン、ユナイテッド、デルタと3社に集約されてきたそうです

 

となると、人口1億人超の日本は1社でもよいのでは?ということになりますね

 

 

メリットデメリット

 

やはりこの危機を乗り越えるため1社に集約させて効率化をはかるという点ではメリットとなるかもしれません

 

しかし同時にこれまで築いてきた両社の社風やアイデンティティが失われることになってしまうのではないかという懸念もあります

 

特に利用者側からすると、2社あって競争があるからこそ発展もしてきた点やサービスも向上してきたわけですから、1社だけになってしまうとそれが薄れてしまうのではないかとも思います

 

ですからできることであれば

JALJALANAANAで何とかこの危機を乗り越えていただきたいと願うばかりです

 

とは言うものの、コロナが長期化して、国内線はまだしも、国際線の目途が立たないと収益は悪化することはあっても改善することはないと思います

 

いよいよという時は、共倒れするよりは呉越同舟の道を探らなくてはいけない日がやってくるやもしれない

それほども困難であるということだと思います

 

 

統合時の社名は?

 

よくJALANAがくっついたら「ANAL」(アナル)だよな~

などと下品な冗談話は昔からネット上では見かけることはありました

 

でしたら、まだ「JANA」(ジャナ)の方がカッコいいなと思います

 

またイメージカラーがJALは赤、ANAは青でした

 

これはどうしたらよいでしょうか?

 

絵具の赤と青を混ぜると何色になるでしょうか?

 

これは紫色になります

 

となると、統合会社のイメージカラーは紫で決定ですね

 

 

 

おわりに

 

繰り返しになりますが、私はできれば2社そのまま存続してほしいと思ってます

 

1社に統合されればいいと思っているわけではありません

 

ですから、出来る限り、両社の収益につながるような応援をそれぞれしていこうではありませんか!

 

今は、飛行機に乗ることができなければ、JALANAのネットショップで買い物をするだけでも応援することにつながると思います

 

頑張れJAL

頑張れANA

 

www.shop.jal.co.jp

 

www.astyle.jp

 

この気持ちを込めて、まずはポチポチ買い物をしましょう!

そして飛行機解禁となった日にはできるだけ飛んで応援しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン