【さらば香港】もう行けない

 

 

 

さらば香港

 

もう香港には行けない

 

新型コロナの影響ではありません

 

「香港国家安全維持法案」が可決してしまったからです

 

今後は、中国共産党に睨まれた人間はしょっ引かれて

何をされるかわからない

 

それは香港在住者に限らずツーリスト、つまり旅行者も同様というのだから恐ろしい

 

例えば、TiktokとかZOOMのような中華アプリの利用者は自身の政治的主義主張の情報が当局に握られている可能性もあるわけで、その人間がノコノコ香港に旅行に行ったら

待ってましたとばかりに拘束されてしまう可能性もあるということです

 

そんな馬鹿なと思うかもしれませんが、アメリカでも危険視されてますし

インドでは中華アプリは禁じられています

 

news.yahoo.co.jp

 

日本国内には政治家はじめ、チャイナマネーにひれ伏した人たち、ハニートラップの餌食になった人たちが沢山いるので、行政や地方自治体などで中華アプリを推奨したり、タイアップしてしまっているぐらいですからどれだけお花畑で浸食されているんだよと鳥肌がたちます

 

 

ご存じの通り、私は過去ブログでもツイッターでも中国共産党に対して批判的な書き込みをしておりますので、中共から見れば、要注意人物の括りに入ります

 

そんなわけで、もう二度と香港には近づけない、トランジットであっても恐ろしくていやですね

 

www.nikkei.com

 

 

日本はお得意の遺憾砲を発射するのみ

 

毅然と経済制裁ぐらいできないものなのか

news.yahoo.co.jp

 

 

最後に行った香港

 

2018年のGW、今から2年前でしたね

 

これが最後の香港となりそうです

 

www.adve.work

 

正直、食事とかは香港よりも台湾派なので惜しくないのですが

やはり、香港といえばキャセイパシフィック、キャセイの豪華ラウンジが利用できない

あの担々麺、キャセイデライト、お風呂が味わえなくなるのかと思うと寂しいです

 

もちろん、香港以外でもキャセイのラウンジはあるのでそこを利用することはできるんですけど、やっぱり香港のラウンジは別格なんですよね

これは利用したことがある方ならご理解いただけると思います

 

 

まとめ

 

我々日本人は、今回の香港の件は他人事ではありません

 

中国共産党というのは、簡単にいえば世界はすべて中国のもの

ジャイアンの俺の物は俺の物、お前の物も俺の物のような「中華思想」に基づいています

だから、次は台湾の緊張が高まるのは必至です

 

同時に、日本は尖閣防衛、沖縄も中国のスパイのような人が知事をやってますから内側から乗っ取られてしまっていると言っても過言ではない状況なんです

 

その手始めが川崎市のヘイト条例可決でしょう

 

news.yahoo.co.jp

 

外国人へのヘイト(憎悪)が禁じられ、外国人から日本人へのヘイトも本来同様に禁じられるべきですが、恣意的な解釈次第によっては日本人が何も言えなくなってしまいかねない状況となり、このような条例が全国へ広がっていってしまったらと思うともう香港化の何ものでもなくなります

 

 

北海道では中国に水源地などの土地が爆買いされていて、そこが中国の拠点化していくことは間違えありません

この辺りは、御自身でググって調べてみてください

 

もう、日本乗っ取り計画はかなりのスピードで進行しているのです

 

すでに手遅れなのかもしれなというほどに

 

 

まずはひとりひとりが危機感を持って

それらの問題に敏感に情報収集していくべきかと思います

 

どうぞ宜しくお願いします

 

 

今日の一曲

 


自由求める「抵抗の歌」香港で広がる 各地で連日合唱

 

 

 

 

中国はどこまで世界を壊すか

中国はどこまで世界を壊すか

 
中国vs.世界(仮) アフターコロナの世界経済

中国vs.世界(仮) アフターコロナの世界経済

  • 作者:石平,田村 秀男
  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン