【ピーチ】マスク着用拒否するなら搭乗拒否でいい

 

 

 

f:id:adventu:20200910141347j:plain

ピーチ機内ででマスク拒否

 

すでにご存じだと思いますが、釧路発関空行きのピーチ機内でマスク着用を拒否した乗客が発生し新潟空港で不時着の大混乱が発生

 

この機内に乗り合わせた乗客は大迷惑でした

 

news.yahoo.co.jp

 

 

今日は結論からいいます

 

マスク着用拒否するなら搭乗拒否すればいい

 

そしてブラックリストととしてピーチ以外の航空会社も出禁にしてしまっていい

こんな身勝手な奴は今後二度と飛行機に乗らせなければいいのだ

 

 

その時の動画もツイッターで晒されています

ご覧ください

 

 

 

 

 どれだけ面倒くさい奴かご理解いただけたと思います

 

 

逆張りの帝王ホリエモン

 

 

 

ほとんどがこの乗客が悪いという見解で一致してますが

出ました逆張りの帝王ホリエモンは、この馬鹿を擁護して航空会社を非難しています

 

 

news.yahoo.co.jp

 

以前、自身も機内でマスク着用を促され腹を立てたことを語っていますからその時も恨みも相まって批判しているのでしょう

ホリエモンよ、だったらお前は民間機に乗らずプライベートジェットで移動しろよ

 

ムカつくとかなんとかほざいていて、今後JALとかANAでお前を見かけたら絶対に笑ってやるぞ、散々文句言ってて搭乗してんじゃねーよ!ってな

 

 

 

 

 

 

 

 

 法的にはどうなの

 

 

 今回の一件

法的にはどうなのということですが

以下の記事ではこのようになってます

 

 

航空法で「安全阻害行為」が禁止されている

――男性は機内で声を荒げたり威嚇したりしたそうです。どのような法的問題がありますか

航空法73条の3は、航空機内の規律に違反する行為等の安全阻害行為等を禁止しています。そして、機長は、航空機内の秩序・規律の維持のために必要な限度で、安全阻害行為等をする者に対し、その者を降機させることができるとされています(航空法73条の4第1項)。

今回のケースでは、男性がマスクの着用を拒否した、「侮辱罪だ」と声を荒げた、客室乗務員に威嚇したという一連の行為が、航空機内の規律に違反する行為に該当すると機長が判断したのでしょう。それゆえ、飛行機が新潟空港に臨時着陸し、男性を降ろしたものと思われます。

報道からは分からない部分もありますが、仮に機長が、航空法73条の4第5項の命令をしていたにもかかわらず、男性がこの命令に違反していたとすれば、50万円以下の罰金に処せられる可能性があります(航空法150条5号の4)。

 

 ●威力業務妨害罪の可能性も

――航空法以外の法律違反にもなりますか それだけではありません。男性の一連の行為により、航空機の到着が遅延しています。そこで、威力業務妨害罪(刑法234条)が成立するか検討してみます。 まず、男性の一連の行為は、「人の意思を抑圧するに足りる勢力」を示しているといえますので「威力」に該当し得ます。 また、到着が2時間15分遅れていますので、業務が妨害されて業務遂行に支障が生じ妨害したと言えるでしょう。 よって、男性の行為は、威力業務妨害罪に該当し得ます。立件されれば、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

 

news.yahoo.co.jp

 

結論

 

 繰り返します

 

マスク着用拒否なら搭乗拒否だ

 

そしてその後も二度と飛行機には乗せるな!

 

乗り合わせたその他の人達の迷惑を考えたらそれでも足りないぐらいだと思う

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン