海外の代わりに沖縄が人気のようです

 

 

f:id:adventu:20210329082023j:plain

沖縄が熱い!

 

 

 

トライシーさんのコラムによると

海外旅行に行けない今、沖縄が大人気だそうです。

 

 

 

すでに沖縄では本島を中心に急激に観光客が戻っている。全日本空輸ANA)、日本航空JAL)ともに東京/羽田〜沖縄/那覇線では通常ダイヤにほぼ近い便数を設定し、3月から4月にかけては週末を中心に満席や空席わずかの便も出ている。

那覇空港では、飲食などのテナントに客が戻っており、人気のポークたまごおにぎりの店舗では行列も見受けられる。空港ではレンタカー店の送迎バスが多くの客を乗せて行き来する光景も見られるようになってきた。

www.traicy.com

 

 

GoToがなくても

バブル到来かというぐらいですから相当観光客が押し寄せているのでしょう。

 

 

緊急事態宣言が解除されて、満席の便もでるぐらいでGWもほぼ埋まっているそうです。

 

 

すでに予測済み

 

 

 

私は昨年の5月の時点で以下のように今後は沖縄の人気が高まるだろうと予測していましたよ。

 

www.adve.work

 

 

それは誰でも予測できますよね。

海外旅行に行けないなら、国内の中で海外を疑似体験できる場所に人気が集まることなんか。

 

 

国際線機材も投入

 

さらに、国際線の機材なんざ投入した暁には拍車がかかりますよね!

 

 

日本航空JAL)は、国際線仕様のボーイング777-300ER型機を、2月22日の東京/羽田〜沖縄/那覇線の1往復に急遽投入した。

投入したのは、東京/羽田発のJAL921便と、その折返しとなる沖縄/那覇発JAL920便。通常の国内線運用時は、ファーストクラスとビジネスクラスをクラスJとして、プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスを普通席として運用しており、今回も同様にファーストクラスは販売せず、クラスJとして運用した。

 

 

www.traicy.com

 

 

 

全日本空輸ANA)は、ゴールデンウィークを中心に羽田空港と北海道、沖縄を結ぶ路線で臨時便を設定する。

東京/羽田〜札幌/千歳線は、4月29日と5月1日・4日・5日に1往復を設定する。東京/羽田〜沖縄/那覇線は、4月29日と5月1日・2日・4日・5日に臨時便を設定する。便数は日によって異なる。また、4月22日にも那覇発の臨時便を1便運航する。東京/羽田〜宮古線は4月29日と5月1日・4日・5日に各日1便、東京/羽田〜石垣線は、4月29日と5月1日・2日・4日〜6日に臨時便を設定する。5月2日は両方向1便ずつ、その他の日程は1便を設定する。一部便はANAウイングスの機材・乗務員で運航する。

空席照会画面によれば、東京/羽田〜東京/那覇線の臨時便の一部は、国際線仕様のボーイング767-300ER型機で運航する予定。プレミアムクラスは販売せず、ビジネスクラスは普通席として開放する。

 

www.traicy.com

 

 

 

まとめ

 

これからしばらくは沖縄、そして石垣や宮古、離島の人気は高止まりすることでしょう。ちなみに私も今年の夏はシドニー往復のマイル特典航空券をキープしながら、株主優待券を駆使してOKA往復を滑り止めとして予約入れております。

現段階ではこの夏に海外解禁とはならなそうなのでシドニーはどこかのタイミングでキャンセルすることになりそうです。

 

 

 

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン