【JAL】国際線機材に安く乗る方法

 

 

海外旅行気分

 

コロナ禍で国際線に搭乗して海外旅行に行くことは2021年4月現在はできません。

 

 

そこで脚光を浴びているのが、国際線機材で行く沖縄便の登場です。

www.traicy.com

 

わずか2時間程度ですが国際線機材に搭乗することで海外旅行気分を味わうことができます。

実際に搭乗してみましたが、それはそれは夢見心地でした。

やはり機材が違うだけでテンション上がりますよ。

 

www.adve.work

 

 

 

 

国際線機材便は競争率高い

 

 

話題が話題を呼び、現在は国際線機材使用の便の予約は非常に取りづらくなっております。

 

そして、さらに悩ましいのがクラスJシート(ビジネスクラス座席)はお値段が高いのですよ、お値段が。

 

どういうことかと言えば、国際線機材のクラスJシートは

安価な先得とか、特便とか株主優待には解放されていないんですよね。

 

 

適当な日付で検索するとこんな感じ。

 

f:id:adventu:20210330111937j:plain

 

f:id:adventu:20210330112119j:plain

 

他の日付でも同様に、特便割引、先得、株優では満席となってしまっていて

国際線機材のビジネスクラスシートを体験しようと思うと、普通料金とか、ビジネスきっぷというお値段的にお高いチケットを選択するしかない状態です。

 

 

 

株主優待一択

f:id:adventu:20191116142436j:plain

 

それでは、安価で国際線ビジネスクラスシートを体験することはできないのか?

 

これは裏技と言えるかどうかわかりませんが、唯一可能性があるのが「株主割引チケット」です。

 

これは運とタイミングも必要なんですが、クラスJシートの空きがある場合は

どこかの時点で株主割引チケットにも開放されるんですよ。

 

例えば、3月30日に3月31日のHNDーOKAを検索するとこのように出ました。

 

f:id:adventu:20210330112658j:plain

普通運賃    50,410円

ビジネスきっぷ 47,660円

特便割引    40,110円

株主割引    25,910円

 

 

勿論、これでもセールなどの場合と比べたらいいお値段なのですが、株主割引は他の正規料金と比べて半分近くになります。

株主優待券を持っているか、持っていない人は金券ショップ等で手に入れないといけないのでそのコストもかかりますが、それでも他よりはお得ではないでしょうか。

 

 

国際線機材に興味のない人はまったく必要ない情報でしょうが

もしも一度はビジネスクラスを体験してみたいと思っていた!

なーんて人が居たら、参考にしてみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン