【長崎】長崎観光

 

龍馬と長崎

 

幕末の偉人で人気と知名度が抜群に高い坂本龍馬
師である幕臣で海軍奉行であった勝海舟と共に元治元年
長崎に訪れている

それ以降何度か訪れており、長崎に縁が深い人生だった


長崎の坂本龍馬と言えば何と言っても亀山社中

 

 

f:id:adventu:20191207150151j:plain

 

坂本龍馬は日本史の中でも一番と言われる人気を誇っている偉人
その功績は数多く
薩長同盟の成立や船中八策などがあげられる


その坂本龍馬は長崎に比較的長く滞在すること3回
日数では約100日とされ
短い滞在を含めるとさらに多くなる


日本最初の貿易商社とも言われる亀山社中
「亀山」とはこの地に住んでいた亀山一族のこと
「社中」とは結社、集まりを意味している

この場合は亀山の貿易商社というような意味で
これがのちの海援隊となる

亀山社中は長崎を一望できる高台にあり
坂道を上ると見えてくるのが亀山社中記念館

 f:id:adventu:20191207150155j:plain

 


龍馬のぶーつ像から歩いてすぐ
亀山社中資料展示場となる

 

 

亀山社中跡(長崎市亀山社中記念館)】

 

亀山社中は慶応元年(1865年)、薩摩藩や長崎の豪商、小曾根家の援助を受けて、坂本龍馬とその同士が設立した結社。日本初の商社といわれている。幕末頃の窯、亀山焼の窯元で働いていた人々の住居後を活用した。老朽化した建物を改修復元して平成21年に「長崎市亀山社中記念館」としてオープン。名誉館長は武田鉄矢氏。
(所在地)長崎市伊良林2-7-24
(問い合わせ)095-823-3400

 

 

 

坂本龍馬は日本史の中でも一番と言われる人気を誇っている偉人
その功績は数多く
薩長同盟の成立や船中八策などがあげられる


その坂本龍馬は長崎に比較的長く滞在すること3回
日数では約100日とされ
短い滞在を含めるとさらに多くなる


日本最初の貿易商社とも言われる亀山社中
「亀山」とはこの地に住んでいた亀山一族のこと
「社中」とは結社、集まりを意味している

この場合は亀山の貿易商社というような意味で
これがのちの海援隊となる

亀山社中は長崎を一望できる高台にあり
坂道を上ると見えてくるのが亀山社中記念館の入口

 
龍馬のぶーつ像から歩いてすぐ
亀山社中資料展示場となる

入場無料でボランティアの方が丁寧に対応してくれる

龍馬が愛用したというピストルのレプリカがあり
触ることが出来る




龍馬像
アングルよし

 

f:id:adventu:20191207150621j:plain

 

 

 

 

亀山社中資料展示場の裏手にあるのが「若宮稲荷神社」

ここに風頭公園内の展望所にある巨大な坂本龍馬像の原型となった小型の銅像がある

 

若宮稲荷神社は楠木正成を祀っており
創建は延宝元年(1673年)

楠木正成は幕末の志士に特に人気があった

そして若宮稲荷神社は幕末の頃、勤王稲荷と称していたと伝えられている

 

風頭公園内にある巨大な坂本龍馬像は1989年に建てられている

像までは坂道を上るが見晴らしの良いこの場所は
是非ともおすすめである

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン