【熊本】復興支援の旅

 

 

 

復興支援の旅



物見遊山に行ったわけではなく

 

震災からの復興を後押しするべく

JALANA、あるいは旅行各社が打ち出した

フライトとホテルの復興パック

 

お得感もあって

何とか現地でお金を落としつつ

現地の方々と出会い触れ合うことで

微力でも励まし、勇気づけることができればと

居てもたってもいられない気持ちで

旅立った

 

 

 

益城町周辺は半年経つというのに

まだまだこんな感じだった

 

あちこちで建物の倒壊、損壊が目についた

 

費用や人手が足りずに

手つかずになっている建物や家屋の数々を目のあたりにして

大自然の前では、なんと人間は無力なのかと痛感した

 

f:id:adventu:20191207155901j:plain

f:id:adventu:20191207155906j:plain

 

避難所の体育館も訪れたが

そこはほとんどもう避難されている方は居なかった

 

その代わりに、家が住めない状態なのか

トレーラーハウスのようなもので

生活をされているであろう方々が沢山目についた

 

 

 

 

 

もともと熊本城は戦国の雄 加藤清正公が

もしもの時には、秀頼君を大坂から迎え入れ

徳川との合戦をも想定して作られたという

難攻不落の名城のはずだった

 

その熊本城もこのありさ

 

これにはセイショコも驚いたことであろう

 

f:id:adventu:20191207155913j:plain

f:id:adventu:20191207155917j:plain

f:id:adventu:20191207155921j:plain

f:id:adventu:20191207155924j:plain

f:id:adventu:20191207155929j:plain

 

熊本地震

2016年4月14日21時26分以降に
熊本県大分県で相次いで発生した地震

気象庁震度階級では最も大きい震度7を観測する地震
4月14日夜および4月16日未明に発生したほか
最大震度が6強の地震が2回

6弱の地震が3回発生している

 

追記

 

3年経過した今もなお、仮設住宅での生活を

余儀なくされている方々が多数存在している

 

 

2019年12月 熊本日日新聞より

仮設入居者、11月末5676人に 熊本地震
2019/12/14 10:21 (JST)
©株式会社熊本日日新聞社

 熊本県は13日、仮設住宅などで仮住まいを続ける熊本地震の被災者が11月末時点で5676人(2453世帯)だったと発表した。被災者数は10月末に比べて10・1%減。

 内訳は建設型仮設が2206人(960世帯)、借り上げ型みなし仮設3396人(1465世帯)、公営住宅など74人(28世帯)。

 市町村別では熊本市が2122人(945世帯)で最多。益城町が2073人(936世帯)、西原村228人(73世帯)と続いた。

 すまい対策室によると、仮住まいの被災者のうち、希望通りの再建が難しいとされる世帯は10月末時点で24世帯となっている。(内田裕之)

(2019年12月14日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

 

this.kiji.is

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン