【EK  A380 】NRT→DXB→MAD

 

ご搭乗


A380×2発

 

テンション上がります!

 

さすがに大型機だけあって

搭乗開始して乗りだしてから

ドアクローズまでの時間がけっこうかかった

 

それだけに、ウエルカムシャンパンのありがたみも

ひとしお




これすべてJALのマイル

 

スペイン往復C発券(4発分)
(往復ともにドバイ経由)


ありがたや、ありがたや

貯めててよかったJALマイル



エミレーツはナッツが温かいのよ
これがいいのだ

f:id:adventu:20191207103511j:plain

 

また、座席にエビアンペリエ、コーラなどのドリンク類が

すでにセッティングされていて

いつでも好きな時に飲めるような

ミニバー仕様

 

しかしながら、冷蔵機能はついてないため

若干、常温状態なのは仕方ないか

 

画像はないが、事前にエンタメで観たい作品を

セットアップしておくことも可能であった

 

 

 機内食

EKは和食も力を入れているが

まあ洋食で攻めてみた

 

f:id:adventu:20191207103403j:plain

 

 

 ザ・ステーキ&フォアグラ

味付けが濃いいかった

f:id:adventu:20191207103515j:plain

f:id:adventu:20191207103521j:plain

 

 

 

 

チーズ、フルーツタイム

f:id:adventu:20191207103507j:plain

 




ご存じ、機内バーカウンター
 

f:id:adventu:20191207103312j:plain

 

f:id:adventu:20191207103603j:plain

こちらで飲みたいものを頼むと

ほとんどのものが出てくる

それからちょっとしたお菓子やカップケーキのようなものも

ご自由にどうぞ状態で置いてあった

 

もう、満腹(ラウンジ→機内食)でまったく触手が伸びず・・・・

 

 

それにしても
やっぱりマイル旅はやめられないと

机上でつくづく思いました

まずは何はなくとも
こちらSPGアメックス


 

www.adve.work

 

 

 

A380とは

 

日本ではANAがハワイ便に投入したことで

大きく注目されたA380であるが

残念ながら世界的な流れとしては

風前の灯火状態なのである

 

 

エアバスA380(Airbus A380)は
欧州エアバス社のターボファン4発の超大型旅客機
旅客機の中では世界最大の機種である

 


世界初の総2階建てジェット旅客機である

完成披露の時点ではボーイング747を抜いて
史上最大・世界最大の旅客機

 

初飛行は2005年4月27日

初期の構想から初飛行まで16年の歳月を要した

初飛行から10年後の2015年末時点で

エアバス社は中東や東南アジア地域を中心に300機を超える受注を獲得しており
この時点でA380プロジェクト全体としての損益分岐点に到達し
計画全体での黒字化に成功したと発表された

2016年10月現在
4発エンジンのワイドボディ旅客機としては
同社の民間航空機部門で唯一生産されている機体である

A380は1990年初頭にA3XXとして開発が始まった

エアバス社のほかにもボーイング社やマクドネル・ダグラス社が
次世代大型旅客機として
ボーイング747-Xとマクドネル・ダグラス MD-12を計画していたが
いずれも開発は凍結された

この後、ボーイング社は総2階建のNLAの開発を試みるが
これも中止された

スホーイによるKR-860の計画があった
かつてロッキード社も総2階建旅客機を計画したが
構想の段階で終わっている

しかし2018年以降
導入を計画していた各航空会社の計画の見直しが相次ぎ
2019年2月14日
エアバスのトム・エンダース最高経営責任者(CEO)は
「頼みの綱だったエミレーツ航空が、このほどA380の発注を減らした
この決定で受注残は実質無くなり、生産を続ける前提を失った」
としてA380の生産を中止し
2021年以降は納入しないことを発表した

エンダースは「世界中でA380は愛されている
だからこそこの発表は我々とA380コミュニティにとって大きな痛手だ」と
生産中止に至ったことを嘆いた

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン