【パリ】暴動で揺れるパリへ

 

ロンドン→パリ

 

ユーロスターで行っちゃう

f:id:adventu:20191207135210j:plain








 

f:id:adventu:20191207135245j:plain

f:id:adventu:20191207135249j:plain












ルイヴィトンは暴動シャットアウト

f:id:adventu:20191207135301j:plain





あっちこっちでガラスが割られていて、落書きだらけ

危ねえ


 

 

f:id:adventu:20191207135332j:plain

f:id:adventu:20191207135335j:plain

f:id:adventu:20191207135341j:plain

f:id:adventu:20191207135347j:plain

 

いわゆる黄色いベスト運動

パリ暴動

 

マクロン政権への不満が爆発ということだが

根が深い問題だ

基本的にフランスは移民政策で失敗した

多様な民族が尊重しあって新しい国家像を築いていくというのは

聞こえもいいし、理想的で

左の人たちがよく口にする言葉だ

いわゆる地球市民ってやつ

 

でも、そんなに現実は甘くない

ってことだね

 

 

【12月2日 AFP】(写真追加)フランスの首都パリ中心部で1日、政府の燃料税引き上げに抗議する数千人規模のデモが新たに行われた。暴徒化した参加者らが数十台の車や店の正面に放火するなど治安部隊と衝突する騒ぎが終日続いた。

 警察官5000人がデモ対応に当たり少なくとも270人を逮捕した。内務省によると、6棟の建物が放火され、約190か所で火が消し止められた。警察官17人を含む110人が負傷した。警察車両から自動小銃が盗まれたという情報もあるが、銃弾が装填されていたかは分かっていない。


 参加者らが黄色いベスト(Yellow Vest)を着用するこのデモは3度目の週末を迎えたが、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領に対する全般的な抗議デモに性質が変化している。警察は石などを投げつける参加者らに、催涙ガスを噴射して対応した。

 騒乱は凱旋(がいせん)門(Arc de Triomphe)から拡大し、一部の商業地域には煙が立ち込めた。凱旋門周辺には、シャンゼリゼ(Champs Elysees)通りでデモ行進を行おうとする群衆が集結していた。

 ルーブル美術館(Louvre Museum)に面するチュイルリー公園(Tuileries Garden)では、デモ参加者らが大きな鉄製の扉を引き倒した際に数人が下敷きになった。1人は深刻な容体だという。

 マクロン大統領は20か国・地域(G20)首脳会議のため訪れたアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで「この暴力の責任を負うべき者たちは、変革や改善ではなく混乱を望んでいる」と述べた。

 内務省は、1日午後にデモに参加した人はフランス全土で7万5000人に上ると推定している。デモの大半は平穏に行われた。参加人数は一連のデモが始まった11月17日の28万2000人、11月24日の10万6000人をかなり下回った。(c)AFP/Gregory Danel and Joseph Schmid

 

www.afpbb.com

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン