【Tモバイルパーク】マリナーズVSツインズ

 

 


菊地雄星を応援してきましたよ

 

f:id:adventu:20191207095442j:plain

マリナーズといえばこのお方

引退してもなお

お土産コーナーでは

イチローグッズたくさん売れてました

 

 

 

f:id:adventu:20191207095448j:plain

 チケットは事前に予約せず

当日券で普通に入れた

 

 

 

f:id:adventu:20191207095439j:plain

ブルペンが近い

 

本当に手を伸ばせばタッチできそうなぐらいの距離感

 

雄星選手は、いいピッチングをしているものの

なかなか勝ち星に恵まれず

少々焦りを感じる投球でした

 


【シアトル】菊池雄星試合前のブルペンピッチング

 

 

 Tモバイルパークというよりも

セーフコフィールドの方がなじみ深い

 

f:id:adventu:20191207095454j:plain

 

実はこの日は、ファン感謝デーで

球場内に入ってグルッと一周することができた

 

 

で、メジャーリーガーと

握手、サイン、記念撮影可能と

 

f:id:adventu:20191207095459j:plain

 

f:id:adventu:20191211175857j:plain

f:id:adventu:20191207095502j:plain

 

f:id:adventu:20191211175920j:plain

 

f:id:adventu:20191211175930j:plain

 

f:id:adventu:20191211175940j:plain

T-モバイル・パーク(T-Mobile Park)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルにある野球場である。MLBシアトル・マリナーズのホーム球場。バンクワン・ボールパーク(現チェイス・フィールド)に次ぐ世界2番目の開閉式屋根付き天然芝の野球場である。

右翼スタンドの上に収納された屋根は3枚の鋼鉄板で出来ており、重さは約1万1,000トン。開閉には20分ほどの時間を要する。貨物線の隣に建設されたため、列車の走る音が屋根に反響して球場内に響き渡る。

 


球場の歴史


マリナーズはキングドームを本拠地球場にしていたが、施設の老朽化に加え、ドーム球場の閉塞感などに対するファンの不満が高まっていたため、1990年代に入り新球場建設を決定。1995年10月14日、州議会臨時会において、新球場建設資金提供法案が可決され、地元自治体の支援を受け建設することとなった。

1997年3月8日に工事開始。当時マリナーズに所属していた人気選手ケン・グリフィー・ジュニアも出席した記念式典には3万人のファンが詰めかけ、新球場への期待の高さが見て取れる。

1998年6月4日には、地元の保険会社セーフコ(en)がネーミングライツを20年180万ドルで買い取ったことが発表され、球場名は「セーフコ・フィールド」になっていた。2018年12月19日、T-Mobile USが新たに25年間のネーミングライツを取得し、「T-モバイル・パーク」となり、現在に至る。

フィールドの特徴
左中間が深く、右打者は苦戦する。外野が広いため、守備範囲の広い強肩の外野手が求められる。
春先はシアトル特有の湿った空気でボールが重くなり、長打が出にくい傾向にある。
内野の天然芝が長めなことやシアトルの湿った気候も影響してか、グランドボールを打った場合は打球が失速しやすい。右打者や左の鈍足打者は、外野へ抜ける当たりも失速して内野ゴロアウトとなる傾向が他の球場よりも多く見受けられる。また、球場別パークファクターでは、毎年のように「ヒットが出にくい球場」というデータになっている。

 

ja.wikipedia.org










モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン