【旭川】旭岳攻めます

 

 

4月でもガンガン滑れるから

行きませんか?

北海道の友人から誘われて

神奈川のスキー大好き人間を誘って

いざ、行ってきた

 

asahidake.hokkaido.jp

 

東京、関東圏からスキーに行くというと

だいたい湯沢方面とか長野方面とかの

スキー場を目指すわけ

 

車で早朝、2時間~4時間ぐらいかけていく

 

 

今回は、羽田空港で待ち合わせて

旭川空港

 

そっからレンタカーを借りて

一路、旭岳を目指す

 

あれ、ここスキー場?

 

それが第一印象

 

ロープーウェイが一本かかっていて

いわゆるリフトとかゴンドラリフトみたいのは

いっこもなかった

 

 

f:id:adventu:20191207155017j:plain



 

 

f:id:adventu:20191207155003j:plain

f:id:adventu:20191207155008j:plain

f:id:adventu:20191207155011j:plain

 4月中旬でも真冬並みにさむかった

 

で、ロープーウェイがオープンしたら

山頂へみるみる運んでくれる

 

 

山頂についても

 

あれ、ここスキー場?

 

スキー場っても、コースも何もない

自由、まさに自由

 

どこをどう滑ってもよいということで

当然、危険を回避しながら

 

春のスキーを満喫したのであった

 

 

 

 

基本、どっこも圧雪してないので

すべてがバックカントリー的なイメージ




f:id:adventu:20191207154957j:plain

視界が悪くなったら遭難するんじゃないか

心配になるぐらい

 

でも、一般的なスキー場では味わえない

不思議な感覚を体験することができるので

足に自信がある方々は、一度は行ってみては?

 

JALのFOP修行

ANAのPP修行にもなりますね

 




 

 

北海道で最も高い山で「日本の百名山」にも選ばれている標高2,291mの旭岳。大雪山国立公園の北側に位置し、高原帯が広く展開しており、高山植物の種類も豊富です。

 

登山シーズンは6月下旬から10月初旬までと短いながらも、短期間でめまぐるしく変化する大自然の様子は圧巻です。7月下旬に向けてピークとなる高山植物の花々は、足元をカラフルに染め、アイヌ語で「カムイミンタラ」(神々の宿る庭)と称されるまさに楽園の様子です。

 

日本で最も早く紅葉が訪れる場所として知られており、9月中旬から下旬にかけて見られる紅葉は、姿見エリアから始まり日ごとに旭岳温泉へと移っていきます。この時期は大雪山国立公園に広がる荘厳な色づきを見ようと多くの観光客が訪れます。


アクセス
旭岳へ公共交通機関を利用して行く場合は旭川駅発、旭川空港経由のシャトルバス「いで湯号」をご利用ください。車でお越しの際は公共駐車場(冬季閉鎖)ほか、旭岳ロープウエイ駐車場(夏期有料)をご利用ください。旭岳温泉に宿泊の方は宿泊施設の駐車場をご利用いただけます。札幌・旭川から宿泊者向けの送迎バスを運行しているホテルもあります。

 

www.welcome-higashikawa.jp

 

 

 

 

 

お世話になったホテルはこちら

 

ホテルベアモンテ

 

ロープウェー乗り場にほど近くて

便利でした

www.bearmonte.jp

 

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン