【広島】平和記念資料館

 


あやまちは繰り返しませんって

誰が誰に言ってるの?

 f:id:adventu:20191227172023j:plain

 f:id:adventu:20191227172026j:plain

 

 

 

※ここから閲覧注意

 生々しい画像あります

 

f:id:adventu:20191227172014j:plain

f:id:adventu:20191227172018j:plain

 

 

f:id:adventu:20191227172030j:plain

f:id:adventu:20191227172033j:plain

f:id:adventu:20191227172037j:plain

f:id:adventu:20191227172042j:plain

f:id:adventu:20191227172046j:plain

 

 

f:id:adventu:20191207170111j:plain

f:id:adventu:20191207170117j:plain

 

個人的に原爆投下は

人類史上最悪の

白人が有色人種である日本人に行った

壮大な人体実験、ホロコーストであると思っている

 

すでに当時の日本には戦う余力は残っていなかった

原爆を投下せずとも

日本は降伏していたのだ

 

アメリカはせっかく完成させた原爆を

銃を手にした人間が試しに発砲したくなる衝動と同じように

 

原爆をどうしても投下して

どれぐらいの効果があるのか知りたかった

 

さらには、戦後の世界のパワーバランスを考えて

ソ連をけん制する意味もあった

 

鬼畜カーチスルメイの東京大空襲しかりだが

これを戦争犯罪と言わずして何を戦争犯罪というのか

日本側が東京裁判で裁かれたのであれば

アメリカ側も裁かれるべきではないのか

 

このような考え方を日本人は持ち続けなければ

いけないと思っている

 

昔のことだから・・

日本は負けたんだから仕方ない・・・

日本が悪かったんだから・・・

 

戦後自虐史観の洗脳から目を覚まさなければいけないと思う

 

ただし、現状を考えれば

けっして反米になれということではない

 

今の世界情勢(アジア情勢)をみれば

日本が一番警戒しなければならないのは

中国だからだ

 

中国と対峙するには

アメリカの力なしでは難しい

日米安保が強固のうちはいいが

それも永遠でないとするならば

日本の自主自存が求められることになる

 

 

 

 


広島平和記念資料館

広島県広島市中区に所在する博物館ある
原爆資料館
「平和資料館」
とも呼ばれる


中島町広島平和記念公園敷地内に所在し
広島原爆の惨状を後世に伝えるための施設として
当初は「広島平和会館原爆記念陳列館」の名称で開館した


運営は広島市出資の財団法人広島平和文化センターが行っている


2016年4月現在の入館料は、大人200円・高校生100円・中学生以下は無料

団体料金は
大人が30人以上の場合160円

高校生以下が20人以上の場合は無料になる


重要文化財である西側の「本館」と
東側の「東館」からなり
観覧は東館から入場し本館から退出するコースとなっている

東館には原爆投下までの広島市の歴史や原爆投下の歴史的背景に関する展示があり
本館では広島原爆の人的・物的被害に関する展示が行われている

特に、原爆投下直後の壊滅した広島市街地の縮小模型
熱線で全身の皮膚を焼けただれさせながら炎の中をさまよう被爆者の等身大ジオラマ

被爆死した三人の動員学徒が身に付けていた制服の残骸を組み合わせて
一体の人形に仕立てた「三位一体の遺品」や
「黒焦げの弁当箱」など被爆死した動員学徒たちの遺品
本通の住友銀行広島支店から1971年に移設された「人影の石」
などがよく知られている

2013年現在の収蔵品は約2万1000点に及び
館内の見学は本来は3時間ほどかかるとされるが
資料館側の調査によると実際の来館者たちの見学時間は後述の通り平均45分余であるという

 

2002年8月19日 来館者数が5000万人に到達
2010年9月5日 来館者数が6000万人に到達
2017年9月24日 来館者数が7000万人に到達

 



 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン