【栃木群馬県境】日光白根山

 

山男・山女は手放しで信用できる

 


持論ですが

基本、山登りを趣味にしている人はそれだけで信用できると思ってます

何故なら、山登りは言ってしまえば「面倒くさいこと」
好き好んで登る必要性がないことかもしれません

それに敢えてチャレンジするというだけで素晴らしいじゃないですか

山では、常にお互いがお互いを助け合い、声をかけあい、挨拶が飛び交う
限られた荷物(食料など)を分かち合う、こんなことをやっている人が
悪人なわけないでしょ、って訳です

間違ってないでしょ、この理論

いかがでしょうか


 

日光白根山登ってきました

 

こちらの山はロープーウェイを使えば

比較的登りやすい山の割には

標高高く(関東以北で一番)だけあって

景観が素晴らしいんですよね

 

f:id:adventu:20191207143341j:plain



 

 

f:id:adventu:20191207143327j:plain

f:id:adventu:20191207143331j:plain

f:id:adventu:20191207143335j:plain

 登っても登っても山頂までの過酷な道のりを

一歩一歩歩んでいく

 

そこにはそれに耐えた人しか味わえないご褒美も沢山ある

 

登山のご褒美一例

 

・車などでは行けない自分の足で勝ち取った景色

・山々や木々の蒼さ、美しさ、神々しさ

・登山者同志の挨拶、声のかけあい、出会い、ふれあい

・途中のエネルギーチャージ(羊羹とかおすすめ)ホッと一息

・山頂での何にも代えられない達成感、満足感

・山頂でのおにぎりやカップラーメンなど至福のひと時

・無事に下山した時の安堵感

・下山後の温泉やご褒美食事、ビール(運転はダメよ)



日光白根山

 

栃木・群馬の県境に位置する日光白根山
深田久弥選の「日本百名山」のひとつ

日光火山群に属する溶岩円頂丘(石英安山岩)である

日光火山群のなかで唯一噴火の記録のある火山で
最後の活動は1889年といわれているが
現在は活動を停止している

標高は2,578mあり
関東以北で一番高い山

 

日光側から見て
最奥に位置する標高の高い独立峰で
雪を抱く姿から「白根山」の名がつき
古くから信仰の対象とされた

 

かつては
日光側の登山口を早朝に出発し
日暮れまで歩いて往復した日光白根山だが
現在は群馬県の丸沼高原側から日光白根山ロープウェイが運行しているので
いっきに標高を稼ぐことができ
日本百名山に手軽にアプローチできると人気が高い

また、整備の行き届いた登山道により
5~6時間で往復することが可能なため
登山のベテランだけでなく
初級者でも
ファミリーでも
安心して楽しむことができる山になっている

 

日光白根山
座禅山
五色山
白根山などのいくつかのピークと
山上の五色沼
弥陀ヶ池
山腹の菅沼などの湖沼を抱く独特の地形が美しい景観をつくっている

森林限界を超える独立峰として
山頂からの眺めは抜群で
日光連山の男体山
女体山
大真名子山
小真名子山や
中禅寺湖を望むことができる


また、この山に多く見られたことから名付けられた
シラネアオイ
イワカガミ
ハクサンシャクナゲ
コマクサ
トウヤクリンドウなど
高山植物も数多く見られる


景観に優れ
高山植物も豊富なことから
昭和32年には
日光国立公園の特別保護地区に指定された



 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン