【ウィーン】寅さん公園

 

寅さん公園訪問

こちらの駅から住宅街を抜けるように歩いた 

 

ざっくりと10分程度だった

 

 

 


TORA-SAN-PARKね

住宅街のようなところにポツンとあった

いいのか悪いのか
まったく観光地化されてない

アクセスも悪い



でも寅さんファンの聖地だよね、遠いけど

 

是非とも寅さん好きな人は行ってみてください


 

 

f:id:adventu:20191207162244j:plain

f:id:adventu:20191207162247j:plain

f:id:adventu:20191207162336j:plain

 

寅さん公園

 

ドイツ語ではTora-San-Park

オーストリアのウィーン市フロリズドルフ区にある都市公園


フロリズドルフ区と東京都葛飾区は
映画『男はつらいよ』シリーズが取り持つ縁から友好都市であり

第41作『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(1989年8月公開)はウィーンが舞台となった

公園は映画公開20周年を記念して2009年に開園した

 

 

ウィーンと寅さんの縁のはじまり

1986年

ウィーン市長のヘルムート・ツィルク氏は
訪日の際に飛行機機上で
映画『男はつらいよ』シリーズの作品を観た

 

その際、市長は

ウィーン市民の気質や市郊外の風景が作品の世界と似ているとして感銘を受けたのであった

 

ツィルク市長は

葛飾区とフロリズドルフ区との友好交流を希望

 

1987年3月

葛飾区職員がフロリズドルフ区を訪問して
区長の意向を確認するなどのやりとりを経て

1987年11月2日に友好都市提携がおこなわれた

 

ツィルク市長の招致により
男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(1989年8月公開)はウィーンが舞台となった

 

寅さんの心が世界へ羽ばたいた瞬間だった

 

 

 

 葛飾通り

 

フロリズドルフ区と葛飾区との友好都市提携に関連して
フロリズドルフ区内には「葛飾通り」がある

 

これが葛飾通り

 

キルシェンハイン桜の森

 

このほか、フロリズドルフ区と日本との関係として
イェドレゼー地区のドナウインゼル(英語版)(ドナウ川の改修で造られた川中島)に
日本から寄贈された1000本の桜が植えられた「キルシェンハイン 桜の森」 がある

ウィーン森林局と日本人芸術家グループ"to the Woods"によって造られたもので
植林はオーストリア建国1000年(1996年)を記念して1996年から始まり
2002年に完成した。春には「桜の森まつり」が開かれる

 

 

こちらがキルシェンハイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン