【ウィーン】ザッハトルテ

 

 

※過去の訪問

 

国内もダメ、ハワイもダメ、そしてヨーロッパもダメ

 

今はどこにも行けません

 

東京都民は東京からなかなか離れることができません

 

2019年はイギリス、フランス、スペイン、シアトル、台湾、ハワイ、ニューヨークに訪問してました

 

それが2020年は、年始にニューヨークからの復路に乗ったきり国際線に乗ってません

 

 

 

またヨーロッパでもどこでも自由に行ける日を夢見て・・・・

 

 

 

 

カフェザッハー


カフェザッハにて

正真正銘の本物を味わった

 

1832年からある「元祖ザッハートルテ(ORIGINAL SACHER-TORTE)」で世界的に有名なホテル内カフェ

ホイップクリームが添えられた濃厚なザッハートルテは5ユーロ前後

夏はテラス席もある

 

基本情報

 


住所 Philharmonikerstrasse 4, A-1010 Vienna, Austria
TEL/FAX (01)51456661 / (01)51456810
アクセス 地下鉄1・2・4番線 カールプラッツ(KARLSPLATZ)駅から徒歩5分。国立オペラ座(STAATSOPER)から徒歩2分
駐車場 なし
営業時間 8~24時
※温かい食事は10時から
定休日 なし
年齢制限 なし

 

www.sacher.com

※最新情報をご確認下さい

 

 

 

 

 



ザッハトルテは上品な甘さで
ウインナコーヒーとともに

歴史を感じる味わいであった

 

f:id:adventu:20191225170724j:plain

 

 

f:id:adventu:20191225170742j:plain


f:id:adventu:20191225170730j:plain

 

 

f:id:adventu:20191225170736j:plain

 

 

ザッハトルテのはじまりと本家論争

 

濃厚なチョコレートの甘さと
甘酸っぱい杏子ジャム

ホイップクリープのハーモニーを味わえるザッハトルテ

 

そのインパクトと意外な味の細やかさから
このケーキから派生した様々なケーキが作られている


ザッハトルテの起源は、ウィーン会議の時代
メッテルニヒ宰相の見習い料理人だった16歳の若者だと言われている

 

病気の料理長の代わりに
海外からの賓客をもてなすデザートとして急遽考案されたのが
ザッハトルテだった

 

この若者フランツ・ザッハの息子エドゥアルト・ザッハは
宮廷御用達ケーキ屋デメルザッハトルテを完成させたあと
菓子店と大きなホテルを現在の場所に作った

 

ハプスブルク家黄金期には
妻アンナ・ザッハがホテルとカフェの経営に力を注ぎ
貴族や外交官、音楽家などを顧客にして、一時代を築く


その後、経営が傾いたザッハと
宮廷御用達として名を成したケーキ屋デメルとの間に
ザッハトルテ本家裁判が持ち上がる

 

結局、双方とも「ザッハトルテ」を販売してもよいが
「オリジナル」を名乗ることができるのはザッハだけ
という玉虫色の判決が下された

 

現在では、ウィーンのそれぞれケーキ屋が腕によりをかけた
少しずつレシピの異なるザッハトルテを食べ比べることができる

 

 

 

ザッハトルテ

 

オーストリアのホテル・ザッハーおよび洋菓子店・デメルで提供されている菓子(トルテ)である

古典的なチョコレートケーキの一種
ザッハートルテとも呼ばれる

小麦粉、バター、砂糖、卵、チョコレートなどで作った生地を焼いてチョコレート味のバターケーキを作り
アンズのジャムを塗った後に
表面全体を溶かしチョコレート入りのフォンダン(糖衣)でコーティングする

スポンジを上下に切り分けて
間にジャムを塗る場合もある

箸休めとして砂糖を入れずに泡立てた生クリームを添えて食べる


こってりとした濃厚な味わいを特徴とする
ウィーンのホテル・ザッハーの名物菓子であり
チョコレートケーキの王様と称される


近年は多数のカフェや洋菓子店により
ザッハートルテと称したチョコレートケーキが提供されているが
それらは単にチョコレートのトルテの一種とするのが正しい







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン