【ウィーン】モーーーッツアルト様

 

音楽の都と言われるオーストリアのウィーン

 

ウィーンは中世からヨーロッパの音楽の中心地のひとつだった

 

18世紀以降は、ハプスブルク家や有力貴族の庇護を受け
多くの音楽家がウィーンで活躍した

 

ウィーンの中心ともいえる王宮庭園内にある
モーツァルト

 

オーストリアを代表する音楽家モーツァルトの像と
その前にあるト音記号の花壇は
観光客にも人気が高く

いつも写真を撮りに人が集まってくる

 

ウィーンの見どころ
ウィーンの歴史は紀元1世紀初頭に遡ります。当時ここには、古代ローマの軍営基地ヴィンドボナが建設されたのです。今日の市街にとって最も重要なのは、マリア=テレジア女帝時代のバロック建築と、フランツ=ヨーゼフ皇帝時代の建築群です。これらの歴史的建築は、豪華なリンク大通りに並んでいます。


市民庭園と王宮庭園(フォルクスガルテン Volksgarten とブルクガルテン Burggarten)
伝説的な皇妃シシィのファンは、市民庭園にあるシシィの記念碑をご覧ください。ここのバラ園も美しいです。
また、モーツァルト・ファンは、王宮庭園にあるモーツァルト記念碑をお忘れなく。英国様式の王宮庭園は皇后シシィの夫君フランツ・ヨーゼフ皇帝のプライベートな庭園でしたが、死後3年たった1919年に一般に開放されました。園内には有志たちによって1957年に作られたフランツ・ヨーゼフ皇帝の記念像が立っています。王宮庭園にはフリードリヒ・オーマン設計の世紀末様式の美しいパルメンハウス(温室)があります。温室内には蝶の家があり、何百ものエキゾチックな南国の蝶が飛び交います。エレガントな雰囲気のカフェ・レストランも営業しています。

 

 

ブルクガルテン(王宮庭園)
住所: Josefsplatz 1, 1010 Wien, オーストリア
営業時間: 毎日6:30〜17:30

 

https://www.austria.info/jp



 

 

 



平成一発目であった

映画男はつらいよシリーズ第41作「寅次郎心の旅路」で、寅さんがこの公園で
見知らぬ現地のおばちゃんと会話するシーンとこ

寅さんは日本語で話しかけるけど、なぜか通じちゃうってやつ  


 

f:id:adventu:20191207162058j:plain

 
 

 

 

これを観てもらえれば、寅さん知らない人も

いっぺんにファンになっちゃうぐらい面白い


車寅次郎の生業 第41作 男はつらいよ 寅次郎心の旅路

 

 

 








モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン