【静岡】金時山

 

 

金時山登山

 

母親と二人で登ってきた

 

 

1時間半~2時間ぐらいあれば登り切れる山

 

 

f:id:adventu:20191209090023j:plain




ちょっとだけ親孝行?

 

f:id:adventu:20191209082029j:plain






山頂に茶店があるのがいいね

f:id:adventu:20191209085939j:plain

山頂での豚汁は格別

 

金時山

 

神奈川県箱根町金時山
箱根山塊の北西部に位置する標高1,212m

日本三百名山にもえらばれている

独立峰的な位置関係から、御殿場方面に広がる富士山が裾野から見える大人気の山


金時山山頂までのメインルートは「金時神社口」で
その理由は無料駐車場があるのと
距離が短かいからでこのルートで目指す方が多い

金時神社口の東側にある「金時山矢倉沢口」からのルートが人気

8合目の「公時神社分岐」で金時神社口ルートと合流こそしますが
そこまでは混雑もせず見晴らしの良いすがすがしいルート
ルートに迷うところはない

標準時間は山頂まで1時間50分ほど

登山経験者や健脚なら1時間ほどで山頂へ

 

 

 

 

 

金時山には金時娘なる名物おばさんが存在する

 

 

小宮山妙子さんは13歳の時、金時山(海抜1213メートル)の頂上にあるお父さんの経営する小さな山小屋の仕事の手伝いを始めた。彼女は「強力」をしていた愛する父親が、彼女が18歳の時に事故でなくなるまでは幸せそのものであった。
悲しみから立ち直ったとき、彼女は一つしか部屋のないその小さな山小屋に一人残って、山登りの人達にお茶のサービスをしようと決心した。
山の頂上で一人で暮らす 日本の独身女性はニューヨークはマンハッタンのアパートで一人暮しをする独身アメリカ女性と同じ悩みを持っていた・・・・下心のある男達である。
このような男達に遭遇すると、彼女はすぐに逃げて木に登り、諦めるまで待つか、どうしようもなければ、得意の柔道で戦った。 彼女は自衛のために柔道を練習していたが、その実は敬けんなクリスチャンであり、文学少女でもあった。彼女は山登り達に「金時娘」と呼ばれ、可愛がられた。
1954年の冬、死刑宣告を受けた殺人犯が牢獄を逃げ出し、金時山に登った。あとで分かったことだが、その殺人犯は「あの有名な金時娘を殺してもっと有名になろう」との確たる意図を持って山に登った。
妙子さんはその時の様子を回想する。
夜中にその男は私の山小屋に押し入ってきた。何が起きたか気づいたとき、その男は恐ろしげなナイフを私の喉に突き刺そうとしていた。がむしゃらに抵抗してその男を気絶させるまでに、何カ所も怪我をした。傷口から血が流れるまま、必死で山を下りて村人に助けを求めた。

この勇敢な出来事は彼女を更に有名にした。彼女は 金太郎(坂田の金時)の再来に違いないと噂され、以前にもまして、人々に愛された。

小宮山妙子さんは今61歳であるが 若々しく(写真参照)依然として現役で金時山の山小屋で山男達にお茶のサービスをしている。

www2c.airnet.ne.jp

 







モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン